大捕り物 レア 遊戯王 ダーク・ネオストーム dane-jp078遊戯王/無限泡影(スーパーレア)/フレイムズ・オブ・デストラクション

平成の終わりと共にYu-Gi-Oh! World Championship 2019(ワールドチャンピオンシップ2019:WCS2019)」の店舗代表決定戦も終わりましたね。


令和の年も公認大会や非公認大会などの大会はありますので、プチ情報などを配信していきます。

第1弾:《トロイメア》の①の効果は《灰流うらら》で無効にできる?
第2弾:攻撃宣言時、《ヴァレルロード・ドラゴン》②の効果に対して《リンクリボー》発動できる?
第3弾:「星杯戦士ニンギルス」の①の効果を知っておくと便利(かも?)

第4弾は「
大捕り物」の縦列に「無限泡影」を発動した場合に関してです。



NCERD LINK → ▶︎▶︎▶︎トレトク(買取金額20%UP中)  

遊戯王通販_350x240

▶︎▶︎▶︎現在の遊戯王高額買取リストはこちら!  

「大捕り物」の縦列に「無限泡影」を発動するとどうなる?

カード紹介

大捕り物 レア 遊戯王 ダーク・ネオストーム dane-jp078

<大捕り物>

永続罠

①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。

そのモンスターのコントロールを得る。そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

効果は、対象とした相手モンスターのコントロールを奪取する効果です。

「ツインツイスター」などのバック破壊に弱く、破壊されるとコントロールが戻る点や裏側守備表示モンスターのコントロール奪取できないなどの点で「
精神操作」よりも劣りますが、
永続的にコントロールを奪え、リンク素材に使用できることから以下のような使い方ができるのもいいですね。

・使用例
◼︎閃刀姫
メインフェイズ2終了タイミングに「閃刀姫-シズク」のコントロールを奪取して次の自分のターンに「閃刀姫-ハヤテ」をリンク召喚して直接攻撃する。

閃刀姫-シズク スーパーレア 遊戯王 ダーク・セイヴァーズ dbds-jp028閃刀姫-ハヤテ レア 遊戯王 サイバネティック・ホライゾン cyho-jp047


◼︎オルフェゴール

「オルフェゴール・ガラテア」の召喚成功時に奪取して②の効果を使用させずに、次の自分のターンに「宵星の機神ディンギルス」をX召喚して相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。

遊戯王 19SP-JPS07 オルフェゴール・ガラテア (日本語版 スーパーレア) SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.5遊戯王 DANE-JP038 宵星の機神ディンギルス (日本語版 ウルトラレア) ダーク・ネオストーム


大捕り物」をメインに3積みするようなデッキでしたらサイドデッキに「閃刀姫-ハヤテ」「宵星の機神ディンギルス」などを採用してもいいかもしれませんね。

 

大捕り物」の縦列に「無限泡影」を発動した場合どうなる?
大捕り物」は発動時から常に対象を取り続ける効果であり、大捕り物」の効果で無効化されていても、対象は取り続けたままとなります。

そのため、 「
大捕り物」の縦列に「無限泡影」を発動した場合、大捕り物」の効果は無効化されるため、コントロールは持ち主の元へ戻り効果も発動できるようになりますが、対象には取り続けた状態になります。
その後、
「無限泡影」の効果が切れるエンドフェイズに大捕り物」の①の効果が再び適用されるので、コントロールは奪取され攻撃できず、効果も発動できなくなります。

大捕り物 レア 遊戯王 ダーク・ネオストーム dane-jp078遊戯王/無限泡影(スーパーレア)/フレイムズ・オブ・デストラクション

遊戯王カードを手軽に売る方法とは?

 ・遊戯王カードを手軽に売る方法とは?

暖かい季節になりましたが、まだまだ寒い日もあり安定しませんね。
寒い中、カードを売るためにカードショップに行くよりも家から買取してもらえるトレトクがいいかもしれません。

・トレトクを使用すれば今なら買取20%アップ中!

スクリーンショット 2018-07-29 14.38.33

トレトク人気No.1の買取サイトである理由としてスリーブやファイルに入れたまま発送でき即日発送・仕分け不要・送料無料である点が挙げられます。
メルカリ・ヤフオクとの相違点に関しては以下の記事を確認!

 スクリーンショット 2018-07-21 23.13.54

カードを高く売る方法!オススメはどれか?

 
買取なら ▶︎▶︎▶︎トレトク(買取金額20%UP中)  

56

現在の遊戯王高額買取リストを確認する▶︎▶︎▶︎