2017年12年23日に「リンクヴレインズボックス(LINK VRAINS BOX:LVB1)」が発売されます。


・SPONCERD LINK

詳細情報

遊戯王オフィシャルカードゲームデュエルモンスターズ LINK VRAINS BOX

特典カード(エクストラシークレットレア仕様):4枚

スペシャルカードセット(ウルトラレア仕様):20枚

ブースターパック:3パック[※1]

スペシャルストレージボックス:1個

スペシャルカードケース(組立式):1個

スペシャルプロテクター(VRAINSロゴ):60枚

スペシャルプロテクター(キャラクター):60枚[※2]


※1:CODE OF THE DUELIST/CIRCUIT BREAK/EXTREME FORCEが1パックずつ入っています。

※2:Playmaker/ブルーエンジェル/Go鬼塚/リボルバーの中からランダムに1種類入っています。

※商品の仕様は変更になる場合があります。

発売日:2017年12月23日 (土)

希望小売価格:3,000円 (税抜)

このボックスで「ファイアウォール・ドラゴン」「ヴァレルロード・ドラゴン」「トリックスター・ホーリーエンジェル」「剛鬼 ザ・グレート・オーガ」が新イラストで再録予定です。

この中で、
「ファイアウォール・ドラゴン」が次の禁止制限改訂にて規制かかる・「リンクヴレインズボックス」でエラッタされるのではないかと噂されている(?)ようですね。

理由は「イグナイト100%ワンキル」などでループコンボに使用されていた地霊神グランソイル」がエラッタされたことで、同様に ループコンボではおなじみの「ファイアウォール・ドラゴン」もエラッタするべきではないのか?ということでしょう。


最近「SPYRAL」でも採用される「トーチ・ゴーレム」の反復横跳びにも「ファイアウォール・ドラゴン」が絡んできますし、汎用性の高さで凶悪なのは「ファイアウォール・ドラゴン」の方でしょうか。


「ファイアウォール・ドラゴン」のリンク素材指定が
「モンスター2体以上」のリンク4なので召喚しやすいですので、
今後、新規リンクモンスターが登場するたびに、ますます「
ファイアウォール・ドラゴン 」が展開で必須となる前に、禁止・制限するかエラッタするべきでしょうということでしょう。 

《捕食植物オフリス・スコーピオ》価格安定か?《アロマセラフィ-ジャスミン》で展開力加速!



アニメVRAINSの主人公「藤木遊作/Playmaker」が使用するエースモンスターであり、

2017年4月15日発売の「CODE OF THE DUELIST」に収録されてまだ1年も経っていない段階で
エラッタするのか?禁止にするのか?と考えると制限カードにするのが精一杯な気がします。

個人的に、エラッタにするなら、①の効果は「1度だけ」って記載されているし、

 ①の効果を名称ターン1・②の効果をターン1あたりかなと思ってみたり。

皆さんは、どう思いますでしょうか。