2017年12月9日(土)に発売する【ストラクチャーデッキ パワーコード・リンク】では炎属性の「コード・トーカー」である「パワーコード・トーカー」が登場します。

・SPONCERD LINK


このストラクチャーデッキでは効果を持たないリンクモンスターである
LANフォリンクス」「トラフィックゴースト」が収録されます!
「電影の騎士ガイアセイバー」以来ですね。

カード紹介
beba6237ab0c1cb78265c68ca1605553 2f16d8301cf0f4730e07102979f224dd

<LANランフォリンクス>
リンク2【左下/右下】光 /サイバース 攻1200

モンスター2体 


<トラフィックゴースト>

リンク3【左下/下/右下】闇 /サイバース 攻1800

モンスター3体


この2枚を見れば分かりますが、2枚ともテキスト記載の文字数が7文字のみです。
この2枚が出るまでは「テセウスの魔棲物」のみがテキスト文字数が7文字でした。
《テセウスの魔棲物》テキスト最短1位の可能性があるか?【エクストラパック2017】

04

現状の最短テキストカードは「深海に潜むサメ」で5文字です。

遊戯王カード 深海に潜むサメ VOL4-42N

<深海に潜むサメ>

融合 星5 水/魚 攻撃1900/守1600

神魚+舌魚

テキストは5文字で最も短いです。
このカードが収録された「暗黒魔竜復活」「Vol.4」はまだ、融合素材を括弧書きしていないけれど、
3期以降は融合素材を鉤括弧つけるので、
次 、
「深海に潜むサメ」が再録された場合、
テキストが 

「神魚」+「舌魚」

で、9文字になります。


今後リンクモンスターのテキストが「モンスター◯体」が多くなると思いますので、
第2位がどんどん増えることでしょう。

しかし、1位の「深海に潜むサメ」に勝つには
「深海に潜むサメ」が再録されるしかないのでしょうか。

リンクモンスターの登場により、テキストが短いモンスターが増えていくでしょうね。

だからなんだって話ですけど。