2017年9月9日に「エクストラパック2017(EXTRA PACK 2017)」が発売され
新テーマである
「SPYRAL(スパイラル)」が収録されています。

SPONCERD LINK

20170801_350x250_c

今後環境へ登場する可能がある「SPYRAL」を含む
4つの新規テーマ「サブテラー」「SPYRAL」「ヴェンデット」「F.A.」が収録されます。


このパックで収録される「ヴェンデット」と相性がいいカードとして「ユニゾンビ」が注目されています!

<ユニゾンビ>

チューナー効果 星3 闇/アンデット 攻1300/守0

「ユニゾンビ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

②:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。

この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。 

手札を1枚捨てることで、対象のフィールドのモンスターのレベルを1つ上げる起動効果、
フィールドのモンスターを対象として、デッキからアンデット族モンスターを墓地へ送り、
フィールドのモンスターのレベルを上げる起動効果(ただしアンデット族以外攻撃できない)
を持ちます。


②の効果と異なり、捨てるカードは何でもよく、レベルを1つ上げるモンスターもアンデット族でなくてもいいです。
 

墓地で効果を発動する「ゾンビキャリア」「馬頭鬼」を能動的に捨てることができるのはいいですね。


②の効果は、アンデット族であればどのようなカードでもデッキから墓地へ送れるのは強いですね!
 

「馬頭鬼」を墓地へ送った後に除外することで、墓地のアンデット族モンスターを特殊召喚できます。
ユニゾンビはチューナーなので、
即にシンクロ召喚できるようになります。
 

また、「ユニゾンビ」が守備力0なので 「不知火の隠者」効果でリクルートした後に
レベル8Sモンスター、はランク4Xモンスターなどを特殊召喚できます。


そして、「ヴェンデット」テーマはアンデット族で統一されています。
「ユニゾンビ」の効果でその状況に合わせて好きな「ヴェンデット」をデッキから墓地に送ることができます。


「ユニゾンビ」とセットで「馬頭鬼」や「不知火の隠者」が採用されることで
「ヴェンデット」がより展開力を増すので、現在高騰中のようです!

価格変動 


最安価格:780円/トリム平均:1,080円
ついに1000円を超えました!

今後の 
「ヴェンデット」の活躍に期待です!