16

「同一タイミングでの複数の誘発効果の発動」させる場合、、コントローラーがチェーンの順序を選択します。 


SPONCERD LINK

20170801_350x250_c
  

公式ルールブック によると、スペルスピード1の誘発効果が同時で発動した場合特別にチェーンを組めます。

スペルスピード1である誘発効果などが同じタイミングで発動してしまった場合は、特別にチェーン処理で効果を解決していきます。

 まずはターンプレイヤーの効果からチェーンをはじめます。

 ひとつしかない場合はそれがチェーン1となり、複数存在する場合はターンプレイヤーが選択して自分の効果でチェーンを作ります。

 その後は相手プレイヤーがそのチェーンに自分の効果を重ねていきます。

 つまり、非ターンプレイヤーの効果から処理が行われていくことになります。


発動は「同時」扱いで、その後にチェーンの積み上げることで順番に処理するわけですね。

 
発動する(できる)効果が確定した後でチェーンを組むので、

このチェーンブロックを組むまでクイックエフェクト(速攻魔法、罠カード、誘発即時効果)を発動できません。


誘発効果であるならスペルスピードの関係を無視してチェーンを組む事ができるので、

罠カードの誘発効果の後にモンスター効果及び魔法カードの誘発効果をチェーンに積む事ができます。


そして、チェーンブロックを組み途中でクイックエフェクトが発動できないので、
例えば、「調弦の魔術師」と「EMペンデュラム・マジシャン」を同時にP召喚した場合、
誘発効果のスペルスピード1でもチェーンを組みます。

遊戯王カード DBLE-JP002 調弦の魔術師 ウルトラパラレルレア 遊☆戯☆王ARC-V [DIMENSION BOX -LIMITED EDITION-]遊戯王 スペシャルサモン・エボリューション EMペンデュラム・マジシャン シークレット VP14-JPA01


この場合チェーンの組み方が重要になるかもしれません。


なぜなら、この2枚はともに「灰流うらら」で止まりますが、

「灰流うらら」の効果は「効果が発動した時」です。


調弦の魔術師(効果一部抜粋)

①:このカードが手札からのP召喚に成功した時に発動できる。

デッキから「調弦の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。 


EMペンデュラム・マジシャン(効果一部抜粋)

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。

そのカードを破壊し、破壊した数だけデッキから「EMペンデュラム・マジシャン」以外の「EM」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。


灰流うらら(効果一部抜粋)

①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。

その効果を無効にする。

例えば、
チェーン1「調弦の魔術師」チェーン2「EMペンデュラム・マジシャン」で発動すると、
 「灰流うらら」は「EMペンデュラム・マジシャン」に対して発動できますが、
 「調弦の魔術師」に対して発動できません。
そのため、チェーンブロックを組むことで「
調弦の魔術師」の効果を守る事ができます。

ただし、「灰流うらら」 に追加して
「エフェクト・ヴェーラー」を相手が持っていた場合、
 
チェーン1「調弦の魔術師」チェーン2「EMペンデュラム・マジシャン」とチェーンを組んだ後に、
チェーン3「灰流うらら
チェーン4「
エフェクト・ヴェーラー
を発動して対象を「
灰流うらら」と組まれると共に無効化されます。

チェーンを組まずに適当に効果を発動して処理する方もいるかと思いますが、チェーンを利用すると
戦略の幅が広がりそうですね。