2017年3月25日、最新のストラクチャーデッキスターターデッキ2017 が発売されてから、ずいぶん経ち
「リンク召喚」も定着してきましたね。


そして、「リンク召喚」はS召喚と同様に「トークン」を素材にできるため、
「BF-朧影のゴウフウ」を使用している方も多いのではないでしょうか。

SPONCERD LINK

yugioh_bnr_350x250_b02


→カード紹介

<BF-朧影のゴウフウ>【制限カード】

特召チューナー 星5 闇/鳥獣 攻0/守0

このカードは通常召喚できない。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。

①:このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。

自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。

このトークンはリリースできず、S素材にできない。

②:このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、そのレベルの合計と同じレベルを持つ自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。

通常召喚できず、自分フィールドにモンスターが存在しない場合特殊召喚できます。
そして、手札からの特殊召喚に成功した時に「朧影トークン」2体を特殊召喚する誘発効果を持ちます。

ここで、生成した「朧影トークン」は通常モンスターであり、

『このトークンはリリースできず、S素材にできない』効果が既に適用されているので、
「スキルドレイン」を発動して、「BF-朧影のゴウフウ」の効果が無効になっても「朧影トークン」をリリースしたり、S素材に使用する事はできません。

 

 

・この①の効果で特殊召喚された「朧影トークン」はS素材にできないですし、トークンなのでX素材にもできず使用に制限がありましたが、リンク素材として使用できます。


トークン2体生成できるので、「リンク・スパイダー」などを経由することで、
ミセス・レディエント 」や「デコード・トーカー」へリンク召喚できます。

これ一枚で召喚権を使用することなく、「 ミセス・レディエント 」や「デコード・トーカー」へ繋げられるのは強いですね。


そして、誤解されている方もいるかもしれませんが、

①の効果は手札から特殊召喚した時に発動できますが、特殊召喚モンスターのため、
これ以外の方法で特殊召喚することができません。 


<BF-朧影のゴウフウ>
自分フィールドにモ
ンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
①:このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。
このトークンはリリースできず、S素材にできない。


「した場合(しない場合)に特殊召喚できる」と書かれている場合、一度その方法で特殊召喚した後であれば、その後、他のモンスターの効果などで蘇生・帰還ができます。


テキストに「~の効果でのみ特殊召喚できる。」と書いてある特殊召喚モンスターは蘇生制限を満たしても
条件以外の方法で特殊召喚ができません。

テキストに「のみ」・「しか」と記述されているものは基本的に蘇生制限クリアしていても蘇生・帰還ができないです。

そして、「BF-朧影のゴウフウ」は再度手札やデッキに戻された場合、もう一度正規手順で特殊召喚するしかないので、
 

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。 

①:このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。

自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。 


と記載されていると自分フィールドにモンスターが存在しない場合にしか特殊召喚できず、

それ以外の方法(P召喚・ファイアーウォールドラゴンなど)で特殊召喚できません。


結局、正規手順で特殊召喚するしか、「朧影トークン」2体を生成できないわけですね。