遊戯王/ドラゴノイド・ジェネレーター(レア)/サーキット・ブレイク

2017年7月8日に、「CIRCUIT BREAK(サーキット・ブレイク)」が発売されました!

10

【遊☆戯☆王VRAINS】で登場するリンクモンスターやリンク召喚に関連したカードをはじめ、
主人公のライバル「リボルバー」があやつるエースモンスターが収録・
除外を活用し、豪快な効果で相手フィールドを攻略する「メタファイズ」が新テーマとして収録されます!

SPONCERD LINK

yugioh_bnr_350x250_b02

この
パックで「ドラゴノイド・ジェネレーター」が収録されています。
ドラゴノイド・ジェネレーター レア 遊戯王 サーキット・ブレイク cibr-jp054

<ドラゴノイド・ジェネレーター>

永続魔法

1000LPを払ってこのカードを発動できる。

このカード名の①の効果は1ターンに2度まで使用できる。

①:自分メインフェイズに発動できる。

「ドラゴノイドトークン」(機械族・地・星1・攻/守300)1体を自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

このターンのエンドフェイズに、相手は「ドラゴノイドトークン」1体を自身のフィールドに攻撃表示で特殊召喚しなければならない。

「ドラゴノイドトークン」を最大2体まで攻撃表示で特殊召喚して、エンドフェイズに相手は「ドラゴノイドトークン」の特殊召喚を強制的にさせる効果を持ちます。


デメリットとして、「ドラゴノイドトークン」を2体出せるが、EXデッキから特殊召喚できなくなります。
しかし、相手は「
ドラゴノイドトークン」に利用制限がかかっていないので、
「ドラゴノイドトークン」リンク素材としてL召喚などが出来てしまいます。

EXデッキから特殊召喚できないので、【帝】や【真竜】などと相性が良さそうなカードですね。

また、2体の
「ドラゴノイドトークン」+1体で「オシリスの天空竜」を通常召喚すれば、
エンドフェイズに攻撃表示で特殊召喚された「ドラゴノイドトークン」を破壊出来ますね。
使えるかわかりませんが。 

遊戯王カード 15AX-JPY57 オシリスの天空竜 シークレットレア 遊戯王アーク・ファイブ [決闘者の栄光 -記憶の断片-side:闇遊戯]

<オシリスの天空竜>
効果 星10 神/幻神獣 攻?/守?

このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。

①:このカードの召喚は無効化されない。

②:このカードの召喚成功時には、魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

③:このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の数×1000アップする。

④:相手モンスターが攻撃表示で召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。

そのモンスターの攻撃力を2000ダウンさせ、0になった場合そのモンスターを破壊する。

⑤:このカードが特殊召喚されている場合、エンドフェイズに発動する。


そして【サンダーさん】もドラゴノイド・ジェネレーター」の解説をしていますので、よかったらチェックしてみてはいかがでしょうか。


いろいろ裁定がありややこしいですね。