2017年4月15日に、「コード・オブ・ザ・デュエリスト(CODE OF THE DUELIST))」が発売されました!

CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)-Amazon
CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)-楽天
「コードオブザデュエリスト」では、新カード【 リンクモンスター】を中心とした「リンク召喚」関連カードが収録されます。


そして、【遊戯王
VRAINS】の財前葵/ブルーエンジェルが使用する【トリックスター】もこのパックです。

【遊戯王VRAINS】ヒロイン《財前葵》トリックスター紹介!


さて、【トリックスター】は先行ワンキルが出来、ハンデス・デッキデスなどの戦略が可能であり、
通常の【ビートダウン】型でなく、【バーン】型のデッキです。

そして、大会でも見かけることがあるのではないでしょうか?

今回は、その【トリックスター】と対戦を意識した時にサイドに入れておきたい手札誘発カードを紹介します!

・カード紹介

<ハネワタ>
チューナー効果 星
1 光  天使 攻200 守300

このカードを手札から捨てて発動できる。

このターン自分が受ける効果ダメージを0にする。

この効果は相手ターンでも発動できる。

手札から捨てる事で自分が受ける効果ダメージを0にする手札誘発の誘発即時効果を持ちます。

バーンタイプのデッキと対戦する際には3枚入れておきたいカードです! 


【トリックスター】の場合、連鎖的にライフダメージを受けますが、このカードを発動すれば、1ターン耐えしのぐ事ができます。

特に【トリックスター】が先行ワンキルするには「トリックスター・リンカーネイション」を3枚発動する必要があるため、

「トリックスター・リンカーネイション」が発動したタイミングで「ハネワタ」を発動すれば、

その後の「トリックスター・マンジュシカ」の「加えたカードの数×200ダメージを相手に与える。」効果ダメージを0に出来ます。


これにより先行ワンキルを防げます。

《トリックスター》先行ワンキル!


さらにチューナーでレベル1の為デッキタイプによっては自分の展開サポートも可能かもしれません。


名前はおそらくハネが生えた「ワタポン」だから「ハネワタ」なのでしょうか。


この可愛らしいイラストが今後活躍する日が来るかもしれませんね!